アパート賃貸の不動産

アパート賃貸に住んだことはないのですが、アパートと言ってもきれいでマンションと変わらない物件もたくさんあります。でもマンションより家賃価格は手ごろですよね。大学生の時、実家から上京し一人暮らしをしている友達も何人かいました。憧れの的でしたが、親となってみては、家賃、光熱費、仕送り、学費、、、、と本当に出費が大変だったのだろうな~と思ってしまいます。。
親もとから離れ念願のひとり暮らしを始めるとき、誰もがファーストステップとしてアパート賃貸を思い浮かべるのではないでしょうか。アパート賃貸を探すにあたり男子と女子では選定基準がまったく違うような気がします。特に女子の場合は、周囲が明るく人目の多いところにある立地状況や建物のセキュリティも気になります。
10年ほど前に妹とアパートの賃貸物件に住んでいました。駅まではバス停1つ分という近さでとても便利だったのですが、やはりその分家賃はそれなりに高かったです。ただ、妹と折半だったので一人暮らしをするよりは全然良かったと思います。このアパートは私たち姉妹が初めて親元を離れて暮らした物件でした。この前10年ぶりに偶然そのアパートの前を通ったのですが、外観は全く変わっていませんでしたが、当然私たちが住んでいた部屋には別の入居者がいて、懐かしく眺めていたかったのですが、変質者と間違われると事なので早々に通り過ぎました。
私の友人が最近アパートで一人暮らしを始めました。ずっと一人暮らしをしたがっていましたが金銭的に余裕がなかったみたいなので実現できずにいましたが最近お金が貯まったらしくて念願の一人暮らしをする事にしたみたいです。その友人は実家から一人暮らしをするアパートに持っていく荷物が少なかったので引越しは私ともう一人の友人で手伝って3人でやりました。冷蔵庫や洗濯機は少し重かったですが男が3人いれば充分だったので簡単に引越しは終わりました。荷物を運び終わってから部屋で引越し祝いとして軽くパーティーをやりました。いよいよ念願だった一人暮らし生活が始まるので友人は凄くテンションが上がっていて嬉しそうにしていました。私も独身時代は一人暮らしをしていたのでその気持ちは凄くよく分かりました。
引越しをしてから1ヶ月ぐらい経ちましたが友人は一人暮らし生活を満喫しているみたいです。その友人は学生時代に飲食店で調理のアルバイトをしていたので料理が上手です。近いうち他の友人と遊びに行って色々作ってもらおうと思っています。独身時代の一人暮らしには、賛否両論あると思いますが、私は賛成です。もちろん一人暮らしをしたい。という希望があるならですが。ない人が無理に行う必要もないと、もちろん思います。楽しさはもちろん、生活するという本当の自立の大変さもわかると思います。光熱費や水道代など、実家暮らしだといくらか家に入れていたとしても、気にすることはなく使い放題だと思います。しかし、一人暮らしをすると、もちろん使った分だけ請求がくるので、こまめに消したり止めたりするようになりますよね。そういえば、この前テレビでやっていましたが、ある家庭では、子供たちに光熱費の平均額以下は小遣いとして与えるという家がありました。例えば、水道代の平均額を5000千円としたら、それ以下になった場合には、子供に小遣いとして与えるという方法らしいです。

山梨 アパートを紹介しています。 713

賃貸アパートで子育てをする時に気を付けること

新婚の頃に契約をした賃貸アパートにそのまま住んでいると、そのまま妊娠し、出産し、子育てをするという人も少なくありません。 最近では不況ということもあり、マイホームをなかなか購入することができないという若い夫婦も多いので、そのまま賃貸アパートに住み続けるという人もかなり多いのです。 こういった場合、気を付けなくてはならないのが、近隣住民への配慮です。 安定期に入った頃に、近隣住民に挨拶へ伺って、子供が生まれるということを報告しておくと、後々トラブルになりにくいという事もあります。 管理会社や大家さんにも報告に行くことによって、近隣住民へのフォローもしてくれるというケースもありますので、報告はしっかりとしておくことをおすすめします。 子供が生まれることによって、足音や生活音の配慮もしっかりとしなくてはなりませんので、家具の配置を変更するという事はもちろんですが、防音マットなどを敷いておくことによって、足音や泣き声を吸音してくれるということもありますので、おすすめとなっています。 家族が増えるということは、とても喜ばしいことですが、賃貸物件に住んでいる場合は、近隣に最大限の配慮をするということもとても重要なこととなっているのです。

Copyright © All rights reserved.アパート賃貸の不動産.