はじめてのアパート暮らしは新鮮ですよね。

私は現在30代前半で結婚していて子供も一人います、現在は、マイホームを購入して一戸建てに住んでいますが、独身時代に実家をはじめて離れて自分でアパートをかりて住んだりしていました、その時は一人暮らしだし、
アパートの見た目や間取りなどよりも安い家賃が魅力的でした、その後妻と同棲をすることになって、自分の住んでいたアパートでは間取りも小さかったですし、賃貸物件を探しました、このことは現在より3年ぐらい前の事なので最近
の話です、今はかなりおしゃれなアパートがたくさんあります、二階の物件でも玄関は1階で中から直接2階に行ける物件や、一戸建てのように1階も2階もあるアパートなどあり、私が最初にかりたころでは考え付かないくらいに魅力的なアパートができています。
私は現在一戸建てに住んでいるので、まず普通はこのままの住まいですが、アパートは好きで引っ越して、新たにアパートをかりるという楽しみもあるんじゃないかなと最近一戸建てを購入して思いました、それにしても初めてのアパート暮らしの新鮮な気持ちは今でも良い思い出です。アパートというと、ナントカ荘という昭和な感じを思い出します。畳の部屋で6畳一間、風呂なし、トイレ共同などが思い出されます。しかし、最近はメゾネットタイプのアパートなどおしゃれなタイプもたくさん増えてきました。駅前やおしゃれな街や人気の街でない限り、アパート経営も他と差別化しないと、入居率が低くなってしまうのかもしれません。そうなるとアパート経営も難しいのだと思いました。最近では、敷金礼金をあまりとらなくなってきましたし、かといって内装はこぎれいに保たなくてはならないです。それにどんな人でもいいから入居して欲しいとなると、入居後にトラブルが起きそうで大変ですよね。

Copyright © All rights reserved.アパート賃貸の不動産.